おすすめ記事の目次

2017年06月26日

アフィリエイトをゲームと考えてみる

アフィリエイトとか、アドセンスとか。
ネットで収益を上げる方法があります。

情報商材とか、塾とか、学ぶ方法も提供されていますが。
結局は、自分で地道に記事を書いて、検証しながら学ぶしかないと思います。

学ぶ過程というのも、誰かの言うとおりというよりは、自分なりに検索したり、実践しながら学んでいく必要があります。

特別なこととか、仕事とか考えると、途端にブルーになってやる気が減退してきます。
むしろ、ゲームの一種というくらいの感覚でいいのではないかと思います。

そうであるならば、誰かに教えてもらうとかって、かなり違ってくるように思います。

その方法も含めた情報をネットを利用して自分なりに取捨選択していくことも、そのゲームの一過程でしかない。そう思います。

そして、そのゲームの達成度は、収益として、自分で可視化できます。
パソコン上では、ただの数値として現実感がないかもしれませんが。
稼げるようになってきたら、それは、自分の口座からおろして使えるお金である実感がわきます。

自分で攻略法を考えて、実践して、検証していく。
ある意味、わくわくする部分があると思います。

posted by rintarou55 at 17:00 | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ネットで調べるのは、悪いことでもありません

色々とわからないことを調べるのにネットは便利です。

でも世間一般的には、正確ではない記載もあったりするのであまりそればかりに頼るのも良くないというように言われたり、思われています。

でも、知らないことを調べるのにすべて本を買ったり、誰かにきいたりなどとやっていては、いくら時間があっても足りません。

それに個人的感想では、けっこう正確な情報というのもあるように思います。

なんとなくですが、ネットだけでは、不十分という論調の裏には、数が少ないという部分が抜けているように思えます。

一日に何度でも、信じられないくらいの検索をこなしている人は、そうでない人に比べて、知識が豊富である可能性がかなり高いと思います。

単に調べている回数が少ないだけなのではないか。
ちょっと気にしておくポイントなのではないかと思います。

posted by rintarou55 at 14:00 | ライフハック、学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

利益も損失も、すぐに忘れる

株の話ですが。

含み益の時、あるいは、含み損の時に、それをどうしようかと考える場面があります。

利益があればあったで、なかなか売ることが出来ず。
また、含み損もいつ戻るかと、決済できません。

一度抜けて、置いて行かれたらと思ってしまいます。

でも、持っていない状態で上昇しても、実質上はなんら損失が膨らむわけでもありません。
大抵は、そのような置いていかれる状態にもなりませんし。

そうであるならば、さっさと決済してしまうというのも必要と思います。

そして、不思議な事に決済前には、あんなにこだわっていたのが、売ってしまったら、意外と早く忘れてしまいます。

損切りの練習をわざとやってみて、抵抗感をなくす。
というのも、ひとついいかもしれません。

posted by rintarou55 at 11:23 | 投資関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

自分で決めたことを信じてやってみる

何かをやる時に、人の話しを鵜呑みにしてしまうとか、そこまでいかなくても、かなり影響を受けてしまうことがあります。

大抵は、やろうと思っていたことをやらない方向へのバイアスとして、いわゆる言い訳としての意見に従う感じですが。

でも、実際に自分でやってみて、その結果からフィードバックを得て、そして、自分自身で判断すること。
これが一番に決まっています。

結局、自分は、自分でしかありませんし、自分で決めて失敗だったとしても、納得がいきますし、そこから学んだり、方向を調節したりすることもできます。

ということの一環として、今は、ブログに記事を書きまくることをやってみています。

posted by rintarou55 at 18:00 | ライフハック、学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

先程、iPhoneで写真を撮ってみましたが

先程、夕暮れの風景をiPhone7で撮影してみました。

フラッシュなどもたかず、普通に撮影しただけですが、けっこうきれいに撮れています。

いつも携帯しているスマホでちょっとスナップを撮る程度としては、十分すぎるクオリティです。

なんとなく当たり前に感じていますが。
実際には、すごく技術の進歩なのではないかと思います。

デジカメに取っての一番のウィークポイント(個人的には)である、常に携帯していること。
これが普通に実行できているスマホなのですから、あとは、ひたすら撮りまくる。それでいいと思います。

どうせコストはほとんどただみたいなものですし、不要であれば、削除してしまえばいいだけです。

あとは、見失わないようにきちんと保存する習慣をつけること。
むしろ大切なのは、こちらの方かもしれません。

posted by rintarou55 at 20:20 | カメラ、写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

危機は、ふと横をかすめて過ぎ去る

毎日、普通に日常を送れているように感じますが。

それでも、時に、けっこうきわどい場面があったりします。

先日も、まちなかを歩いていて、考え事をしていたら、交差点で立ち止まっている時に、ふと前が青信号であることに気づき、渡ろうとしたタイミングで車が左折してきたりしました。

普段なら、神経質なくらい周りを見るのですが。
その時は、全然意識していませんでした。

それとか、先日、自宅の駐車場から車道に出るタイミングで、坂の上から小学生が走ってきて通り抜けたとか。

まあ、車の運転に限らず、日常的に、危機というものは、口を開けて待っていることがあります。

半分は、自分の意識とか、対策とか、対応とか、その辺次第と思いますし、もう半分は、運がいいとか、悪いとかそんな感じでもあります。

常になにかが起きるのではないかと考えながら過ごすことにします。

posted by rintarou55 at 21:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

何もないだだっ広い部屋

物が溢れていて、けっこう息苦しい日々が続いています。

何度も決意をかためては、物を捨てようとはしていますが、なかなかうまくいきません。

例えば、休みの日に会社の会議室に入ってみると、何も置いていないテーブルがあって、広々とした空間が広がっています。

そこに仕事の一式、書類などを積み上げて、ちょっと作業をしてみる。
けっこう快適です。

あるいは、時代劇などをみても、ただただモノ1つ無い部屋が広々と続いています。

イメージとしては、そんな感じの快適さを実現できたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

物理的には不可能なことではありません。
ただ、占拠している物を捨てるだけでいいのですから。

それに抵抗しているのは、自分の感情、それだけです。

もちろん大切にしているものとか、捨てられないものもあります。

それらを峻別して実行するというのは、頭の体操としても、けっこういいのではないかと考えています。


ずぼらは、浪費を招く- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 21:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ブログの一記事をポメラで書く

ホームページの一記事は、けっこう文字数を気にしたりしてしっかり書くことが多いのですが、ブログの一記事は、短い記事を沢山書く。

それでいいかなと思います。

いずれもポメラで書く。

そして、コピペで投稿する。

一つの文章にするか、小見出しで三つか四つに分けるか。

ちょっとスタイルを変えて書くのでいいと思われます。

どこに向けて書くかを考えながらTPOによって使い分けるのがいいと思います。

posted by rintarou55 at 21:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

一冊司令塔のようなノートを作る

やらなければならないことが少ないうちは、頭の中にあればなんとかこなせます。

でも、日常生活で、無数にこなさなければならない雑事が発生してきます。
また、管理しておかなければならない情報も増えてきます。

保険のこととか、税金のこととか、カードや通帳、ネットの証券会社の情報などなど。

一度にすべてを把握したり、思い出したりすることは困難なものです。

一冊、司令塔的なノートを作って、そこになんでも書きつけて管理するのがいいと思います。

その目的で使うのでしたら、普通の大学ノートよりも、ルーズリーフノートが使いやすそうです。

案件ごとにまとめておいて、折に触れてバージョンアップしたものをまとめる。
そんな感じで。

このノートがあれば、いざという時に慌てずにすみます。
また、放置しておいたためにあとで困るということも減ると思います。


ずぼらは、浪費を招く- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 08:38 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

記憶のフックを意識して工夫する

記憶したものを思い出すときに、とっかかりとなる部分があります。

フックと呼ばれるみたいですが。

これがすぐに浮かばないと、頭の中が真っ白になってしまったように感じたりもします。

逆に、このとっかかりが浮かぶと、そこからたぐるのは、比較的楽にできることが多いものです。

このフックは、内容と直接関係あるよりも、むしろダジャレだったり、インパクトが強い関係ないことだったりの方がいい場合もあります。

うまく関連することを結びつけたと思っても、まったく思い出せないことも良くあります。

いかにしてたぐりやすいフックを付けるか。

当面、これを意識してみようかと考えています。


思い出して誰かに話す- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 16:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイトマップ 全ての過去ログ




トップページに戻る