おすすめ記事の目次

2016年09月17日

図鑑の要らない時代

誇張ある表現ですが。

先ほど、ふと思いつきました。
画像を知りたいものがあったら、googleの画像検索で、かなり満足行く結果を得られるのではないかと。

例えば、花の名前を知りたいと考えます。
植物図鑑を持っていて、それを繰り返し眺めていれば、自然に覚えていくと思いますが。
ほとんどの過程には植物図鑑は無いと思います。

そこで、googleの画像検索。

月下美人という花があります。歌にも歌われる美しい花ですが。画像検索してみます。

月下美人 - Google 検索

本当にきれいな花だと思います。
そして、図鑑でしたら、ほぼ1つの写真かイラストだろうと思いますが、検索結果では、無数の写真があります。

そして、写真の腕のみせどころと、それぞれの方々が気合いを入れて写真を撮影されているであろうことは、想像に固くありません。

今見ている花の名前を探すのは難しくても、(画像で検索すればできるかもしれませんが)、しょっちゅう確認して1つずつ覚えていくことはできます。

これは、同様に地名でも、車の車種でも。

ありとあらゆるものに精通することが出来ると思います。

大昔に読んだ文章に、道端の花の名前を言えることが教養だ という表現がありました。
もちろんデフォルメされた表現と思いますが、なるほどと頷ける部分があるのも確かと思います。

posted by rintarou55 at 08:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

スマホは便利なのですが、目が疲れます

はてなブックマークを最近利用しはじめました。

何度も読み返したいとか参照したい記事があるとブックマークしておくだけで、いつでも見ることができて便利です。

iPhoneを使っているのですが、アプリがあることに気付きました。

これもログインをすれば、当然のことながら同じブックマークを利用できます。

それで、読書猿というブログの記事を色々と登録して、繰り返して読んでみたりしていますが。
けっこう目が疲れます。

便利で、いつでもどこでも状態なのですが、目が疲れるというデメリットまでは考えが及びませんでした。

1つの記事を読む。このくらいでしたらそうでもないので、まずは、読む。
そして、その後、それに関することを思い出しながら色々と自分の頭で考えてみる。

こんな使い方がいいかなとも思います。

携帯して読むことを考えると、Kindle Paperwhite を持っていますので、それならばあまり目は疲れませんから、やはり読書は、それに向いた端末にまかせるというのがいいと思われます。


ノートを常に持ち歩くということ- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 08:57 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

使いかけのノートの残りにブレインダンプを

大学ノートを常に持ち歩いて、そこになんでも書きつけていく。
そんなやり方を続けています。

意外とやりやすかったり、便利だったりして気に入っています。

気合いを入れて、100枚のノートを使っていましたが、これがけっこう持ち歩きに大変です。
思ったよりも重く感じます。

そこで30枚のノートに変更してみました。
かなり使いやすく感じます。
また、30枚あれば、裏表で60ページありますので、そんなに早く無くなることもありません。

そのような状況なので、100枚のノートが数ページ残っているところで終了しています。
ちょっともったいないので、机に向かっている時にブレインダンプをしてみようかと思います。

とりあえずネットのコンテンツを充実させたいと思っていますので、そのテーマに関して、色々とブレインダンプを試してみることにしました。

A4のコピー用紙にでもいいのですが。
余っているページなので、使ってみようかと思っています。


考えてばかりいても、サイトは完成しません- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 13:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

Tim Buckley をYouTubeで知りました

先日、YouTubeを流しっぱなしにしていて、いつの間にか、Tim Buckley が続けて流れるようになっていました。

名前は聴いたことがありましたが、じっくりと聴いてみると、なかなかいい感じです。

1960年代から活躍されている男性シンガーです。
自分が歳を重ねるに従って、フォーク調で、淡々と歌うボーカル物がいいなと思えるようになってきました。

これは、例の代表作をまとめて廉価盤のボックスにしたもののシリーズの1つです。
1stから5thまでのアルバムとのことで、特に4thは、廃盤になっていて入手困難だったみたいです。

全部でアルバムを9枚出されているとのことなので、このボックスを買ったら、半分以上を手にすることができます。

いずれにしてもYouTubeがなければ手にすることはなかったと思います。(まだ、買っていませんが)

自分が生きてきた時代の自分とはかかわりなかった部分を再検証していくというのも、なかなか楽しいものと思います。



posted by rintarou55 at 18:46 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

オールマン・ブラザーズ・バンドの初期の作品を買ってみました

amazonで、購入しました。
5枚で、2412円。
信じられないくらい安いです。




『The Allman Brothers Band』(1969)
『Idlewild South』(1970)
『Brothers And Sisters』(1973)
『The Millennium Collection』(2000)
『Laidback』Gregg Allman (1973)

この5枚のアルバムのセットです。
4つ目は、ベストアルバムで、5つ目は、グレッグ・オールマンのソロアルバムです。

LPレコードで、ファーストとセカンドのカップリングアルバムのビギニングスというのを持っていましたが、すでに手放してしまっています。

Whipping Post 懐かしいです。
音だけでしたら、YouTubeで視聴できるのですが、やはりアルバムも持っていたい。
その思いが強いです。

ちなみに今回は、JCBカードのポイントをamazonのポイントに振り替えて、それで買うことができました。


posted by rintarou55 at 13:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

Evernoteのノートを別に大きく開く

Evernoteは、大変重宝しています。

普段は、Evernoteのクライアントソフト上で読んだり、書いたりするのですが。
ちょっと画面が狭く感じることもあります。

先日より、ノートを開くで大きく開いて使っています。
タイトルのところで記事のタイトルを右クリックして、ノートを開く を選択するとEvernoteの外に大きく開きます。ショートカットなら、Ctrl + Enter です。

もちろん開いたノート上での加筆修正も反映されますので、全画面表示にして使っています。

ただ、これだけでは使い勝手が悪いので、ノートリンクをコピーを使って、ハイパーテキスト化していくことも進めています。

リンクでノートをたどっていく。そして、ひとつ前に戻る時には、< のボタンをクリックする。

すべてをこれでやるというのもストレスがたまりますので、クライアントソフトと交互に使い分けながら使う感じです。

Evernote上に作ったブックマークもこの方法で使い勝手がかなりよくなる感じがします。

posted by rintarou55 at 09:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

ゼロよりは、沢山

ブログに記事を書く。
それだけでも、けっこう敷居が高く感じたりすることもあります。

他愛もないことを書き散らして、などと考えると手が止まってしまいます。

でも、書くものすべて傑作で長文。
そのような方も少ないのではないかと思います。

長考に入って、結局ゼロというよりも、1つでも多く書いてみる。
それがいいと思います。

それに加えて、最近は、過去に書いたものに追記していくことを考えています。
この接ぎ木のような方法は、書き始める時の心理的抵抗が少なくてすむので、やりやすそうです。

むかし考えた方法として、例えば、一冊の本があったら、前半を読む。
そして、本を閉じて、後半を自分で創作する。
そして、その自分で書いた後半を元にして、前半を書く。
こうやって自分で書いた前半後半は、自分のオリジナルということになります。
でも、根本は、ぱくりに近くて、同じ遺伝子を持った作品という風になるのではないか。
そんなことを考えたりしていました。

マインドマップを沢山描く- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 08:03 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

パソコンで扱うファイルは見失いやすい

パソコンは便利で色々とテキストで打ち込んでいったりします。

でも、一番のネックは、その保存かもしれません。

色々と工夫して、一箇所に集めたり、ソフトの中に入れておいたりすることも多いのですが。
いざ、あれはどこに書いてあったかなとか考えると、途方に暮れることも多いものです。

検索機能もありますが、ファジーな検索ができませんので、探しだせずに諦めることも多いです。

場所の記憶がきかないというのが一番の原因かもしれません。
プリントアウトしたり、紙のノートに書いておいたものは、比較的、見つけやすいかもしれません。

特にあとで参照する可能性があるものを一箇所に集めておくと、そこの中をぱらぱらめくるだけで、探し当てることができます。

電脳空間と実世界とをもっと連携して考えておいたほうがいいのかもしれません。


Evernoteに入力したものをプリントアウトして検討する- 思いつきを記す雑記帳

posted by rintarou55 at 08:31 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

本は、読んで終わりではなくて

もちろん小説のように、一度読むとそれで満足というものも沢山ありますが。

何かに関しての方法などを説いた本に関しては、字面をなぞるだけでは、不十分です。

むしろ、そのことを自分の中に落とし込んで、実践する。
そこからがスタートのように思います。

そして、実践してみて、わからないことや迷うことがあった時に、再読してみる。
そうやって、行きつ戻りつしながら、内容をマスターしていくという部分が必要です。

というよりも、これがないと、ほとんど意味を成さないと言っても過言ではないかもしれません。

そしてやっかいなことは、日々記憶が薄れていくということ。

これを防ぐためには、ざっとでもいいので、毎日目を通すか、ポイントだけを抜き書きして、壁などの目につきやすいところに貼っておくか。
そのあたりが必要と思います。

そのような目で、今まで積んでおいた本を見なおしてみようかと思います。
けっこう宝の山かもしれません。


カウントすることがやる気につながる- 思いつきを記す雑記帳

タグ:
posted by rintarou55 at 11:02 | ライフハック、学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイトマップ 全ての過去ログ




トップページに戻る