おすすめ記事の目次

2020年05月21日

文化 / Eve

EveさんのドラマツルギーをYoutubeで知りました。

本当は、Eveさんで知ったのではなく、ストイック高校さんのYoutubeを聴いたのが初めてでしたが。

最初の衝撃から数ヶ月が経過しています。

このドラマツルギーが収録されているアルバムが「文化」で、Amazon Prime Music で全曲聴けます。


やはりドラマツルギーが一番好きで、iPhoneにAmazon Prime Music のアプリを入れて、オフラインで聴いています。これは、BlueTooth を使って、カーステレオでも聴けますので、通勤の際に一曲をループして再生しながら運転しています。

この曲は、いろいろな歌い手さんがYoutubeに投稿されています。
それらを聴き比べるのも楽しく、はまっています。




posted by rintarou55 at 16:33 | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

毎日目を通すことは、システム手帳に書いていく

手帳や大学ノート、ルーズリーフノートなど、書いておく紙類は、いくつか持っています。

常時かばんに入れてあるのは、上記3つは、携帯しています。

それぞれに微妙に使い分けています。

大学ノートは、雑記帳として、何でも書き付けておきます。
これは、主に万年筆を使って書いています。
ルールは一つだけ、日付を入れるということ。
あとは、好き勝手に書けるところが快適です。

ルーズリーフノートは、大学ノートのメタノートとしてとか、ある程度テーマのあるものを書くようにしています。

そして、システム手帳ですが。
これがちょっと中途半端だったのですが。

いろいろなパスワードなどの情報とか。
でも、落とすとまずいような気もしています。

それに加えて、最近は、毎日目を通して意識しておくことを書くようにしています。

毎日習慣化させたいやることとか、将来的にやってみたいことなど。
常に意識していることもできないけど、忘れててやらないをなくすように。
毎日、最低でも一回はざっと目を通すと忘れずにすみます。

システム手帳は、書くスペースが小さいので、多くの文章を書くのには向いていません。
メリットは、小型なので、どこにでも持ち歩けるという点と、箇条書き程度でしたら、毎日見るということを習慣化させやすいところと思います。

パソコンのメモリのように、頻繁にアクセスして、そこに書いてあることを常に意識にのぼらせておくということに、メリットがあると思います。

posted by rintarou55 at 17:27 | ライフハック、学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

電池の残量が知りたいと思って探しました

パソコンのマザーボードの電池を交換しました。
ボタン電池で、新品だったはずなのですが、いつ購入したものかは、不明でした。

交換したはずなのに、未だに時々ピッピッピッと電子音が鳴って、電池の残量が足りないと警告してきます。

ネットを調べたら、単3電池みたいな棒状の電池でしたら、垂直に落としてみて立つかどうかなどチェックの簡易法があるみたいです。

でも、ボタン電池なので、この手は使えません。



そして、色々と検索してみて、上記の記事を見つけました。

このバッテリーチェッカーが一つあれば、色々と使えそうです。

アマゾンでなにかを注文するついでに買ってみようかと思っています。





posted by rintarou55 at 18:03 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

ブログの投稿は、Evernoteに書く、そしてコピペ

書きたいことがあって、一気にブログの記事を書く。
そんな時には、管理画面を開いて、そこに書いていくのが一般的です。

でも、書こうと思って、管理画面が重くて開かなかったり、あるいは、せっかく書き上げた記事がフリーズして失われたり
いろいろとつらい状況になることがあります。

また、ログインして、管理画面を開くまでがけっこう手間に感じてしまうこともあります。

ここ最近は、記事を書くことを考えたら、まず、Evernoteに下原稿を書くようにしています。
たとえ管理画面を開いた状態であっても、まずは、Evernoteに書く。

そして、書き上げることができたら、おもむろにコピペして投稿する。
そんな感じです。

これでストレスはかなり減った感じがします。
また、途中で書くことがなくなって中途半端になっても、そのままその記事からはなれて
放置することができます。

その放置したものは、無駄にはならずに後日再利用できます。

まあ、ひとつのやり方としては、悪くないように思います。


posted by rintarou55 at 21:47 | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

John Glascock の参加アルバムをまとめていく

John Glascock というベーシストがいました。
すでに亡くなられた方ですが。

70年代を中心として、ロックファンに人気のあったベーシストです。

私が最初に知ったのは、Carmen というロックバンドのメンバーとしてです。

参加アルバムに関して、ちょっと調べてまとめておこうかと考えています。

John Glascock wiki

このWikipediaの記事を見るとほとんど終了してしまいそうですが。
一つずつ調べたり、聴いたりして楽しんでみることにします。

カルメンの後に最後にジェスロ・タルに参加して5枚のアルバムを残しています。

今は、このアルバムを聴いています。

Songs from the Wood (1977)

このアルバムにも2曲、ボーナストラックが入っています。
10. Beltane - (bonus track)
11. Velvet Green - (bonus track, live)
この2曲です。

今聴いているのは、それ以前に発売されたCDで、オリジナルの9曲だけの盤です。
それでも十分楽しめています。

このバンドが気にいるかどうかは、ほとんどイアン・アンダーソンのボーカルが好きか否かにかかっているようにも思います。
メンバーは、皆演奏がうまく、独自の世界を展開しています。

個人的には、7曲目の The Whistler が一番好みです。

ジョン・グラスコックの演奏に集中して聴いていると、人気があるのもうなづけます。

また、2017年に5枚組のボックス・セットも発売されています。
CDの3枚とDVD2枚で、ライブもあるみたいです。
すでにプレミア価格になっていますので、ちょっと試しにというにはハードルが高く感じます。
wkikipediaにこのボックスセットの曲目もありました。



posted by rintarou55 at 17:40 | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

Kindle版の講談社学術文庫の解説目録が無料で入手できます

Kindle本を色々と探していました。

講談社学術文庫でアマゾン内を検索して色々とながめていましたが。

Kindle版の解説目録が無料で入手できることが分かりました。


早速ゲットしました。

これで、Kindleを見ながら本を探すことができます。

かなりありがたいです。


他の文庫や新書の解説目録もあるかもしれません。

色々と探しみようかと考えています。




posted by rintarou55 at 23:58 | 本の紹介など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

アマゾンで中古CDをフォローする

一昔前でしたら、中古のCDを買おうと思ったら、街の中古も扱っている
CDショップに行かなければなりませんでした。

しかも、自分がほしいアルバムがあるかどうかは、時の運。
逆にそのようなCDを見つけた時の喜びもひとしおだったわけですが。

今は、ほしいCDがあったら、まずは、アマゾンで探します。
新品で格安でしたら、迷わず購入することになります。

でも、けっこう廃盤になったりしているものもあります。
そのようなものは、マーケットプレイスなどの中古を探すことになります。

そのような廃盤になっているようなCDは、プレミアがついていることも多いものです。

ただ、
その時にプレミアが付いていてものすごく高くても、ちょっと粘っていればいずれ安い出品者が現れる可能性があります。

粘るといっても、毎日そのページを更新して眺めるだけですが。

結局、値段は、出品者次第なので、ある時に法外なプレミアがついていたとしても、別の方が出品されたら
格安ということもよくあります。

昔の足で探した時代とは、一味違いますが、情熱次第という側面は変わらないと思います。

posted by rintarou55 at 18:19 | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すでに8本の万年筆があります

万年筆は、不思議なもので、何本もっていても新しいのが欲しくなってきます。

最初は、書きなれて手に馴染んできた一本を落としたりして駄目にしたら、また、新たに
一本をならし始めるというのが大変に思えて、少なくとも二本以上同時に使っていくことを考えていました。

それがいつの間にか8本になっています。

さすがにこれだけあれば、急いで新しく万年筆を買う必要もありません。

むしろあるものを使い込んでいくこと。
それによって大体2年後に急に使いやすくなることを目指していくことの方が大切に思えます。

本数が多くなればなるほど、一本を使う時間が減って、結果、使いやすくなる時期が遠くなります。

新しい局面に入ってきているようにも思います。


posted by rintarou55 at 16:26 | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

TwitterにURLを貼り付ける時に

ネット上の記事にリンクを貼りながらTwitterに投稿したいことがあります。

以前は、短縮できるサービスとか使っていたのですが、サービス終了などのリスクもあります。

ちょっと調べてみました。

ツイートに他のサイトへのリンクを追加する

こちらの記事にくわしく書かれていました。

長いURLは、表示部分が自動的に短縮されて表記されるみたいです。
なんのことはない、普通にテキストとURLを続けて記載するだけで良かったみたいです。

これでまた、ちょっとだけ可能性が広がった感じがします。

自分が疑問に思ったことを言葉にすることができれば、かなりの確率で回答が得られる。
素晴らしい世の中になったものだと感じます。

タグ:twitter リンク
posted by rintarou55 at 09:12 | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

色彩雫の山葡萄という万年筆のインクを入手しました

万年筆は、数年前からハマっていて、すでに8本くらい持っています。

そのうちの一本は、カクノのコンバーター付きの紫キャップの透明軸なのですが。
これに入れるインクを探していました。

普段、主に大学ノートにブルーブラックで色々な万年筆で雑記的に書いているのですが。
できるだけ、繰り返し過去に書いたものを読み返すようにしています。
そして、その際に中黒に丸をつけたり、アンダーラインを引いたり、追記をしたりしています。
同じ色のインクだと、いつ書いたものかが分からなくなってしまいますので、赤系のインクを探していました。

今回購入した山葡萄は、赤紫といった感じなので、ちょうどよい感じです。





実際に使ってみると、けっこうしっくりと来て気に入っています。
インクフローがとても良く、ブルーブラックを入れているどの万年筆よりもサラサラと書くことができます。



posted by rintarou55 at 13:06 | 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイトマップ 全ての過去ログ




トップページに戻る